慰謝料(後遺障害)

後遺障害による慰謝料

(1)後遺障害によって被害者が精神的苦痛を受けた場合には通常、自賠責での後遺障害別等級表に定めた慰謝料が認められるのが一般です。
もっとも、後遺障害慰謝料を最終的に認定するのは裁判所であり、裁判所は自賠責での後遺障害別等級表に定めた慰謝料に拘束されずに後遺障害慰謝料を認定できます。そこで、裁判例には、後遺障害等級認定がなされない場合でも、後遺障害の内容、程度によって後遺障害慰謝料を認定しています。また、自賠責での後遺障害等級の認定と同じ後遺障害認定をしている場合でも、後遺障害慰謝料については、後遺障害の症状に応じて、自賠責での後遺障害等級よりも上の等級に相当する後遺障害慰謝料を認定することもあります。
さらに、加害者が故意、重過失、著しく不誠実な対応があった場合や、扶養家族が多数いる場合などには、自賠責での後遺障害別等級表に定めた慰謝料よりも増額している裁判例もあります。

(2)自賠責での後遺障害別等級表に定めた慰謝料の表では、後遺障害等級第1級では、2800万円、第2級では、2370万円、第3級では、1990万円、第4級では、1670万円、第5級では、1400万円、第6級では、1180万円、第7級では、1000万円、第8級では、830万円、第9級では、690万円、第10級では、550万円、第11級では、420万円、第12級では、290万円、第13級では、180万円、第14級では、11万円とされています。

(3)被害者本人の裁判例

  1. 1級の事例
  2. 2級の事例
  3. 3. 3級の事例
  4. 4. 4の事例
  5. 5級の事例
  6. 6級の事例
  7. 7級の事例
  8. 8級の事例
  9. 9級の事例
  10. 10級の事例
  11. 11級の事例
  12. 12級の事例
  13. 13級の事例
  14. 14級の事例

(4)被害者の近親者の裁判例

  1. 1級の事例
  2. 2級の事例
  3. 3級の事例
  4. 4級の事例
  5. 5級の事例
  6. 6級の事例

(5)自賠責14等級に至らない後遺障害があった場合等の裁判例

(6)より上級の等級に至らない場合の裁判例

(7)既存障害のある被害者の裁判例

当事務所では、弁護士が毎日のように交通事故問題の相談に向き合っております。交通事故の損害賠償等でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料法律相談のご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は03-3436-5514まで