後遺障害等級認定(眼・鼻・口・耳)

眼の後遺障害についての後遺障害等級認定

(1)視力障害

等級 後遺障害
第1級1 両眼が失明したもの
第2級1 1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
第2級2 両眼の視力が0.02以下になったもの
第3級1 1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
第4級1 両眼の視力が0.06以下になったもの
第5級1 1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
第6級1 両眼の視力が0.1以下になったもの
第7級1 1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
第8級1 1眼が失明し、又は1眼の視力が0.02以下になったもの
第9級1 両眼の視力が0.6以下になったもの
第9級2 1眼の視力が0.06以下になったもの
第10級1 1眼の視力が0.1以下になったもの
第13級1 1眼の視力が0.6以下になったもの

(2)調節機能障害

等級 後遺障害
第11級1 両眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの
第12級1 1眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの

(3)運動機能障害

等級 後遺障害
第10級2 正面を見た場合に複視の症状を残すもの
第11級1 両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
第12級1 1眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
第13級2 正面以外を見た場合に複視の症状を残すもの

(4)視野障害

等級 後遺障害
第9級3 両眼に半盲症、視野狂さく又は視野変状を残すもの
第13級3 1眼に半盲症、視野狂さく又は視野変状を残すもの

(5)まぶたの後遺障害

等級 後遺障害
第9級4 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
第11級3 1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
第11級2 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
第12級2 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
第13級4 両眼のまぶたの一部に欠損を残し又はまつげはげを残すもの
第14級1 1眼のまぶたの一部に欠損を残し、又はまつげはげを残すもの

(6)その他の後遺障害

等級 後遺障害
第11級相当 瞳孔の対光反射が著しく障害され、著明な羞明を訴え労働・日常生活に著しく支障を来すもの(両眼の場合)
第12級相当 瞳孔の対光反射が著しく障害され、著明な羞明を訴え労働・日常生活に著しく支障を来すもの(1眼の場合)
第12級相当 瞳孔の対光反射はあるが、不十分で、羞明を訴え労働・日常生活に支障を来すもの(両眼の場合)
第14級相当 瞳孔の対光反射はあるが、不十分で、羞明を訴え労働・日常生活に支障を来すもの(1眼の場合)
第12級相当 涙小管断裂により常に流涙が認められるもの(両眼の場合)
第14級相当 涙小管断裂により常に流涙が認められるもの(1眼の場合)

鼻の後遺障害についての後遺障害等級認定

(1)鼻の欠損障害

等級 後遺障害
第9級5 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの

(2)鼻の機能障害

等級 後遺障害
第12級相当 嗅覚を脱失又は鼻呼吸困難が存するもの
第14級相当 嗅覚の減退するもの

口の後遺障害についての後遺障害等級認定

(1)そしゃく・言語の機能障害

等級 後遺障害
第1級2 そしゃく及び言語の機能を廃したもの
第3級2 そしゃく又は言語の機能を廃したもの
第4級2 そしゃく及び言語の機能に著しい障害を残すもの
第6級2 そしゃく又は言語の機能に著しい障害を残すもの
第9級6 そしゃく及び言語の機能に障害を残すもの
第10級3 そしゃく又は言語の機能に障害を残すもの

(2)歯牙の障害

等級 後遺障害
第10級4 14歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
第11級4 10歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
第12級3 7歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
第13級5 5歯以上に対し歯科補てつを加えたもの
第14級2 3歯以上に対し歯科補てつを加えたもの

(3)味覚の障害

等級 後遺障害
第12級相当 味覚を脱失したもの
第14級相当 味覚を減退したもの

耳の後遺障害についての後遺障害等級認定

(1)両耳の聴力障害

等級 後遺障害
第4級3 両耳の聴力を全く失ったもの
第6級3 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
第6級4 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
第7級2 両耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
第7級3 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
第9級7 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
第9級8 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
第10級5 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
第11級5 両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

(2)片耳の聴力障害

等級 後遺障害
第9級9 1耳の聴力を全く失ったもの
第10級6 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
第11級5 1耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
第14級3 1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

(3)耳かくの障害

等級 後遺障害
第12級4 1耳の耳かくの大部分を欠損したもの

(4)耳鳴の障害

等級 後遺障害
第12級相当 30dB以上の難聴を伴い、著しい耳鳴を常時残すことが他覚的検査により立証可能なもの
第14級相当 30dB以上の難聴を伴い、常時耳鳴を残すもの

(5)耳漏の障害

等級 後遺障害
第12級相当 30dB以上の難聴で、常時耳漏を残すもの
第14級相当 30dB以上の難聴で、耳漏を残すもの

当事務所では、弁護士が毎日のように交通事故問題の相談に向き合っております。交通事故の損害賠償等でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料法律相談のご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は03-3436-5514まで