後遺障害等級認定(神経系統の機能又は精神)

神経系統の機能又は精神の後遺障害

神経系統又は精神の障害

等級 後遺障害
別表1 第1級1
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
  • 身体機能は残存しているが高度の痴呆があるために、生活維持に必要な身の回り動作に全面的介護を要するもの
第2級1
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
  • 著しい判断力の低下や情動の不安定などがあって、1人で外出することができず、日常の生活範囲は自宅内に限定されている。身体的動作的には排泄、食事などの活動を行うことができても、生命維持に必要な身辺動作に、家族からの声掛けや看視を欠かすことができないもの
別表2 第3級3
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
  • 自宅周辺を一人で外出できるなど、日常の生活範囲は自宅に限定されていない。また声掛けや、介助なしでも日常の動作を行える。しかし記憶や注意力、新しいことを学習する能力、障害の自己認識、円滑な対人関係維持能力などに著しい障害があって、一般就労が全くできないか、困難なもの
第5級2
  • 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 単純くり返し作業などに限定すれば、一般就労も可能。ただし新しい作業を学習できなかったり、環境が変わると作業を継続できなくなるなどの問題がある。このため一般人に比較して作業能力が著しく制限されており、就労の維持には、職場の理解と援助を欠かすことができないもの
第7級4
  • 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
  • 一般就労を維持できるが、作業の手順が悪い、約束を忘れる、ミスが多いなどのことから一般人と同等の作業を行うことができないもの
第9級10
  • 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
  • 一般就労を維持できるが、問題解決能力などに障害が残り、作業効率や作業持続力などに問題があるもの
第12級13 局部にがん固な神経症状を残すもの
第14級9 局部に神経症状を残すもの

脳損傷による身体性機能障害

等級 後遺障害
第1級1 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
第2級1 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
第3級3 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
第5級2 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
第7級4 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
第9級10 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
第12級13 局部にがん固な神経症状を残すもの

非器質性の障害(脳の器質的損傷を伴わない精神障害)

等級 後遺障害
第9級 通常の労務に服することはできるが、非器質性精神障害のため、就労可能な職種が相当な程度に制限されるもの(下記(イ)の判断項目の(2)から(8)のいずれか1つの能力が失われているもの、または判断項目の4つ以上についてしばしば助言・援助が必要と判断される障害を残しているもの)
第12級 通常の労務に服することはできるが、非器質性精神障害のため、多少の障害を残すもの(下記(イ)の判断項目の4つ以上について時に助言・援助が必要と判断される障害を残しているもの)
第14級 通常の労務に服することはできるが、非器質性精神障害のため、軽微な障害を残すもの(下記(イ)の判断項目の1つ以上について時に助言・援助が必要と判断される障害を残しているもの)

(ア)精神症状

  1. 抑うつ状態
  2. 不安の状態
  3. 意欲低下の状態
  4. 慢性化した幻覚・妄想性の状態
  5. 記憶又は知的能力の障害
  6. その他の障害(衝動性の障害、不定愁訴など)

(イ)能力に関する判断項目

  1. 身辺日常生活
  2. 仕事・生活に積極性・関心をもつこと
  3. 通勤・勤務時間の厳守
  4. 普通に作業を持続すること
  5. 他人との意思伝達
  6. 対人関係・協調性
  7. 身辺の安全保持、危機の回避
  8. 困難、失敗への対応

せき髄の障害

等級 後遺障害
第1級1 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
第2級1 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
第3級3 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
第5級2 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
第7級4 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
第9級10 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
第12級13 局部にがん固な神経症状を残すもの

末梢神経の障害

等級 後遺障害
第12級 通常の労務に服することはでき、職種制限も認められないが時には労務に支障が生じる場合があるもの
第14級 12級よりも軽度のもの

外傷性てんかん

等級 後遺障害
第5級2 1か月に1回以上の発作があり、かつ、その発作が「意識障害の有無を問わず転倒する発作」又は「意識障害を呈し、状況にそぐわない行為を示す動作」であるもの
第7級4 転倒する発作等が数か月に1回以上あるもの又は転倒する発作等以外の発作が1か月に1回以上あるもの
第9級10 数か月に1回以上の発作が転倒する発作等以外の発作であるもの又は服薬継続によりてんかん発作がほぼ完全に抑制されているもの
第12級13 発作の発現はないが、脳波上に明らかにてんかん性棘波を認めるもの

めまい、平衡機能障害

等級 後遺障害
第3級3 生命の維持に必要な身の回り処理の動作は可能であるが、高度の失調または平衡機能障害のために労務に服することができないもの
第5級2 著しい失調または平衡機能障害のために、労働能力がきわめて低下し一般平均人の4分の1程度しか残されていないもの
第7級4 中等度の失調または平衡機能障害のために、労働能力が一般平均人の2分の1以下程度に明らかに低下しているもの
第9級10 通常の労務に服することはできるが、眩暈(めまい)の自覚症状が強く、かつ、眼振その他平衡機能検査に明らかな異常所見が認められ、就労可能な職種が相当程度に制限されるもの
第12級12 通常の労務に服することはできるが、めまいの自覚症状があり、かつ、眼振その他平衡機能検査の結果に異常所見が認められるもの
第14級10 眩暈の自覚症状はあるが、眼振その他平衡機能検査の結果に異常所見が認められないものの、めまいのあることが医学的にみて合理的に推測できるもの

疼痛(とうつう)等感覚障害

等級 後遺障害
第7級4 生命の維持に必要な身の回り処理の動作は可能であるが、高度の失調または平衡機能障害のために労務に服することができないもの
第9級10 著しい失調または平衡機能障害のために、労働能力がきわめて低下し一般平均人の4分の1程度しか残されていないもの
第12級13 中等度の失調または平衡機能障害のために、労働能力が一般平均人の2分の1以下程度に明らかに低下しているもの

労災保険の認定基準では以下のとおりに定められています。

等級 後遺障害
第7級4 軽易な労働以外の労働に常に差支える程度の疼痛(とうつう)があるもの
第9級10 通常の労務に服することはできるが、疼痛により時には労働に従事することができなくなるため、就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの
第12級13 通常の労務に服することはできるが、時には労働に差支える程度の疼痛が起こるもの

当事務所では、弁護士が毎日のように交通事故問題の相談に向き合っております。交通事故の損害賠償等でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料法律相談のご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は03-3436-5514まで