後遺障害等級認定(胸腹部臓器)

胸腹部臓器の後遺障害

(1)生殖器以外の臓器(呼吸器、循環器、腹部臓器、泌尿器)の障害

等級 後遺障害
第1級2 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
第2級2 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
第3級4 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
第5級3 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
第7級5 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
第9級11 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
第11級10 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
第13級11 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの

(2)生殖器の障害

等級 後遺障害
第7級13 両側の睾丸(こうがん)を失ったもの
第9級16 生殖器に著しい障害を残すもの

 

当事務所では、弁護士が毎日のように交通事故問題の相談に向き合っております。交通事故の損害賠償等でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料法律相談のご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は03-3436-5514まで