学生時代の友人から頼まれて、私の車を数日間貸していたところ、友人がその車で飲酒運転して、人身事故を起こしてしまいました。

ご相談のような事案で、損害賠償責任が発生する法律上の根拠としては、民法709条の不法行為責任と、自動車損害賠償保障法(自賠法)3条の運行供用者責任が考えられます。順に検討しましょう。
まず、民法709条ですが、この責任が成立するためには、事故の発生について、加害者の側に過失(落ち度)があることが必要とされています。この点、事故を起こしたのは飲酒運転した友人であり、あなたは事故の発生に直接的には関与していないのですから、今回の事故発生についてあなたに落ち度があるとされるとは考えづらいです。つまり、単に自分の車を他人に貸したことだけで過失になるとは言い難いので、この事案であなたが民法709条に基づく損害賠償責任を負担しなければならない可能性は低いでしょう(ただし、友人が飲酒運転することを知っていながらあえて自分の車を貸したというような特別なケースでは、あなたにも事故発生について責任があるとされることがあります)。
次に、自賠法3条に基づく運行供用者責任について検討します。この責任は、人身事故における被害者の救済を目的とした制度であり、同条にいう「自己のために自動車を運行の用に供する者」(運行供用者)に該当する者は、たとえ事故の発生について過失(落ち度)の存在が証明されなくても、原則として被害者に対し損害賠償責任を負わなければなりません(厳密には、運行供用者に該当しても、故意・過失の不存在など、自賠法3条ただし書所定の免責事由があることを証明できれば責任を免れることになっているのですが、この証明が成功することは少ないため、事実上、過失なしに成立する責任であると理解されています)。
では、あなたは「運行供用者」に該当するでしょうか。運行供用者の判断基準について、裁判例や実務の扱いを要約すると、①事故を起こした車の運行を管理するとともに、②その車の運行から利益を得てもいるため、「事故車の運行について責任を負うべきであると評価される者」が運行供用者であると考えられているようです。実際にその車を運転していた者であるか否かは問いません。やや難しい基準ですが、あなたの場合を見てみると、あなたは事故車の所有者であり、所有者は、通常、自分の車の運行について責任を負うべきと評価されますから、原則としてあなたは「運行供用者」に該当します。確かに、友人に貸したことであなたは車を直接に管理していたわけではありませんが、返還を要求すればすぐにその車を返してもらえた以上、なおあなたは事故車を管理することが可能であったのだと考えます(これに対し、友人が返還要求を無視してあなたの車を勝手に乗り回しているといった場合は、①もはやあなたはその車について管理できないと評価されますし、②その車の運行はあなたにとって何の利益にもなっていませんので、上述の基準に照らして、あなたは所有者であっても「運行供用者」には当たりません。」)。
このように、あなたは原則として自賠法3条の運行供用者に該当するので、同条に基づいて被害者に損害賠償責任を負わねばなりません。なお、この場合、あなたが実際に被害者に賠償金を支払えば、支払った金額の範囲内で、自賠責保険会社に対して保険金の支払いを請求できます。

当事務所では、弁護士が毎日のように交通事故問題の相談に向き合っております。交通事故の損害賠償等でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料法律相談のご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は03-3436-5514まで