自動車に事故歴があることで,自動車の評価は下がらないのでしょうか。また,その分の損害(評価損)は,賠償してもらえないのでしょうか。

事故車を修理しても,修理技術の限界から,事故前のものと全く同じ状態には戻らず,外観・機能に不備が残る場合があります(技術上の評価損)。また,自動車に事故歴があるということで,取引価格が落ちてしまうことがあります(取引上の評価損)。
このような評価損について,損害保険会社は,被害者からの請求を認めることには,消極的なようです。単に事故歴があるというだけでは請求を認めず,大破のような非常に大きな損害があるために,原状回復が困難な場合にのみ,評価損(修理費の1~2割を限度として)を認めるにとどまります。
訴訟においては,かつては評価損が認められることが少なかったものの,最近では,認められやすい傾向になってきています。裁判例は,車種・走行期間・走行距離・損傷部位を考慮して評価損の有無を判断しており,高級車や新車であるほど,評価損が認められやすいといえます。評価損額については,修理費の一定割合(3割程度が多い。)を評価損と認めたり,財団法人日本自動車査定協会の事故減価証明に基づき,評価損を認めた裁判例があります。

当事務所では、弁護士が毎日のように交通事故問題の相談に向き合っております。交通事故の損害賠償等でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料法律相談のご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は03-3436-5514まで