病院に対する交通事故の治療費は,被害者が一時的に立て替えなくてはいけないのでしょうか。

加害者が任意保険に加入している場合は,通常,保険会社が被害者の通院する病院と連絡を取り,治療費を支払う運用がなされています。したがって,一般的には,被害者が治療費を立て替える必要はありません。
しかし,例外的に保険会社が治療費を直接病院に払わず,被害者に一時立て替えをさせたうえで,後日,被害者に立て替えた分の金銭を支払う場合があります。このような場合,後々になって,治療費の金額について保険会社と争いになることもあり,被害者の方は早急に保険会社に直接病院に治療費を支払うよう求めるべきです。
また,加害者が任意保険に加入していない場合(自賠責保険にしか加入していない場合),被害者が治療費を一時立て替えなくてはいけません。この場合は,被害者が健康保険を利用し,治療費を立て替え,後日,自賠責保険に請求することになります。注意すべきは,傷害については120万円までしか,自賠責保険に請求できないことです。

当事務所では、弁護士が毎日のように交通事故問題の相談に向き合っております。交通事故の損害賠償等でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料法律相談のご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は03-3436-5514まで