車を運転中、信号のない横断歩道において横断中の老人に接近してしまい、転んだ老人が骨折してしまいました。大変申し訳ないことをしたと思うのですが、一方で、骨折の原因としてはこの老人が抱えていた骨粗鬆症も一因であるとの話を聞きました。この場合でも私が治療費等全額を支払わなければならないのでしょうか。

被害者の骨密度が同年代の平均値を大きく下回る場合など、素因減額として賠償額の減額が認められることもありますが、高齢であることを考えると、減額されない可能性の方が高いと思われます。
素因減額とは、被害者が事故前から有していた精神的な要因(被害者の特異な性格や、事故への過剰反応など)や、体質的な要因(既往症や身体的特徴)が損害の発生、拡大に影響を及ぼした場合、その分の割合を、賠償額から減額するものであり、裁判でも認められている考え方です。
※ 細かい話ですが、法律的には過失相殺の考え方をここでも用いています。精神的要因にせよ体質的な要因にせよ、被害者に落ち度や不注意があったわけではないので過失相殺そのものの場面ではありません。しかし、発生した損害を何でもかんでも加害者に押し付けるのではなく、被害者にもその原因がある部分については被害者も負担する方が公平だ、という考えは過失相殺の場面でも、被害者の精神的・体質的な要因が関係する場面でも、同じであることから、このような場面でも過失相殺の考え方を用いています。
今回の事例では、骨粗鬆症が問題となっているので、被害者の体質がその損害を拡大させています。このような被害者の体質が関与している事故については、疾患といえるような場合には減額対象とし、そこまでいかないような身体的特徴のばあいには、何か特別な事情がないと減額対象にはならない、と考えられています。
しかし、疾患と身体的特徴というのは明確に分離できるものではなく、連続的なもので、個々の事例によって判断されるものといえます。特に彼によって発生頻度が高くなるも病気などはその区別が非常に困難であるといわれています。
一般に骨粗鬆症については、人間は加齢により骨密度は減少するものであることから、同年代の平均値を大きく下回る骨密度のような場合でないと、素因減額はされないと考えられており、高齢者の場合、概ね減額はされない傾向にあります。
※ 裁判で疾患として素因減額が認められた例としては、後縦靭帯骨化症、椎間板ヘルニアなどがあります。
素因減額の割合はどう決まるのかですが、裁判所が、発生した損害を被害者と加害者で、公平に分担すべきとの考えを基にして、自由に決定できます。判断要素としては、①減額の対象となる被害者の要因の種類・態様・程度、②事故自体の態様・程度、怪我をした部位・その態様と程度、と③最終的な怪我や後遺症といった被害者が負った結果とのバランスを考えて、個々の事件ごとに検討する、と考えられています。
では、疾患までいかない身体的特徴の場合、減額が認められることはないのでしょうか。
裁判例を見てみると、被害者の首が平均的体格の人より長く、多少の頸椎の不安定症があり、これが損害を拡大させた事案について、最高裁(最判平成8年10月29日)は、「個々人の個体差の範囲として当然にその存在が予定されている」程度の身体的特徴であることから、減額の対象とはならない、と判断しました。その一方で、この判決では、「平均値から著しくかけ離れた身体的特徴を有する者が、・・・日常生活において通用人に比べて慎重な行動をとることが求められている場合は格別」と述べており、このような場合には減額対象になりえることを示しています。今後の減額対象かの判断材料となるでしょう。

当事務所では、弁護士が毎日のように交通事故問題の相談に向き合っております。交通事故の損害賠償等でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料法律相談のご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は03-3436-5514まで