交通事故を起こしてしまったのですが、被害者の方が事故やそれによる傷害結果などが精神的打撃となったらしく、事故後に自殺してしまいした・・・。この場合、この死亡という結果に対しても慰謝料などの賠償をしなければならないのでしょうか。

賠償しなければならないことがありえます。ただし、その金額は減額されることも考えられます。
そもそも自殺したのは被害者の意思であることから、加害者に責任を問えないのではという点が問題になります。
最高裁判所の判断によると、事故態様が被害者に大きな精神的衝撃を与え、しかもその衝撃が長い月日にわたって残るようなものであったこと、補償交渉がうまくいかなかったことから災害神経症状態に陥った被害者について、災害神経症がうつ病に発展しやすいこと、うつ病になると自殺率ははるかに高くなることを理由に、自殺の場合でも加害者に、その死亡による慰謝料の賠償を認めたものが存在します(最判平成5年9月9日)。事故が発生し、これにより被害者が災害神経症になり、うつ病に発展、最終的に自殺に至るという過程は大いにありうるものであり、今回の被害者もこの過程をたどったと考えるのが自然であるから、今回の事件でも、死亡という結果に対しても賠償しなければならないと判断される可能性はあるでしょう。
賠償しなければならない場合、全額負担しなければならないのかという点ですが、事故にあった被害者が全員自殺するわけでは当然にありませんし、災害神経症の人やうつ病の人がみな自殺に至るわけでもありません。自殺に至る過程では、被害者の性格など、被害者の精神的な要因が無関係ではないと思われます。このような場合、先ほど説明した被害者の体質的な要因が損害の発生・拡大に関与した場合と同様に、被害者の精神的な要因が関与したと思われる割合については減額されることが考えられます。実際、前述の最高裁判所の例でも、8割の減額が認められています。

当事務所では、弁護士が毎日のように交通事故問題の相談に向き合っております。交通事故の損害賠償等でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料法律相談のご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は03-3436-5514まで