私は通勤途中に交通事故に遭ったので,労災給付を受けることができました。労災給付と自賠責保険からの支払いを,重ねて受けることはできるものでしょうか。

基本的な考え方として,両者で給付の中身が重複しているところ(例えば自賠責保険で既に全額通院治療費が支払われている場合の,労災給付の通院治療費相当部分)は2重に支払いを受けることができません。既に損害が回復しているのに,さらに損害賠償をすることは2重取りになって許されないという考え方であり,このような処理を損益相殺と言います。
労災給付と自賠責保険とで,法律上どちらを先に請求しないといけないということは決まっていないのですが,実務上は,まず自賠責保険を先に使い,それで足りない部分について,労災保険の請求をするという運用がなされています。自賠責保険の方が,賠償される内容が広いからです(休業損害は全額補償され,慰謝料,入院中の諸経費,文書料なども賠償内容に含まれます)。まず自賠責保険の支払いを受け,それと重ならない範囲で,労災給付が支給されるのです。
なお,どの部分が重なっていてどこが重なっていないかという判断は専門的な知識が必要なので,分からなくなったときは弁護士等に相談することをお勧めします(例えば,労災給付の遺族特別支給金等は,自賠責保険とは重ならない給付とされます)。

当事務所では、弁護士が毎日のように交通事故問題の相談に向き合っております。交通事故の損害賠償等でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料法律相談のご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は03-3436-5514まで