PTSD(心的外傷後ストレス障害)

死亡に匹敵するような重大な外傷を負ったために発生する強い精神的ストレスが原因となって,外傷を受けた時の苦痛を反復的に持続的に再体験したり(フラッシュバック),外傷と関連した刺激を回避しようとする回避行動,持続的な覚醒冗進状態が継続し,日常生活を送るのに大きな支障をもたらす後遺障害を意味します。

平成15年10月1日以降に発生した交通事故について,PTSD等の非器質性精神障害により日常生活において著しい支障が生じる場合は9級10号,日常生活において頻繁に支障が生じる場合は12級13号,日常生活において時々支障が生じる場合は14級9号に認定されます。

当事務所では、弁護士が毎日のように交通事故問題の相談に向き合っております。交通事故の損害賠償等でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料法律相談のご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は03-3436-5514まで