RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)

人の身体は外傷が生じると、交感神経(自律神経)の作用により当該部位の血管が収縮して出血を抑えようとします。しかし、RSDの場合、外傷が回復した後も交感神経が亢進状態を持続したままの状態となり、末梢の血流が阻害される結果、受傷部位やその周辺の末梢各部に血液による栄養補給が行き届かなくなり、激痛を伴うより強い痛みや筋委縮が発生します。

RSDは、交感神経の関与を示唆する病名ですが、近年では、すべての症例が萎縮性であるとは限らないということから、CRPS(複合性局所疼痛症候群)の概念が採用され、Type Ⅰ(神経損傷を必ずしも伴わないもの。従来のRDS)とType Ⅱ(神経損傷が推定できるもの。従来のカウザルギー)に分類されています。

RSDの判断に当たっては、疼痛、腫脹、関節拘縮(関節を動かす時に痛みが生じる)、骨の委縮、筋委縮、皮膚の変化の有無等が指標となります。

自賠責制度におけるRSDの等級認定においては、①関節拘縮、②骨の萎縮、③皮膚の変化(皮膚温の変化、皮膚の萎縮)という慢性期における主要な3つの症状が、健側(障害を受けていない体側)と比較して明らかに認められる場合に限り、カウザルギーと同様の基準により、7級4号、9級10号、12級13号に認定されます。「神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの」は7級4号に、「神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの」は9級10号に、「局部に頑固な神経症状を残すもの」は12級13号に認定されます。

当事務所では、弁護士が毎日のように交通事故問題の相談に向き合っております。交通事故の損害賠償等でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料法律相談のご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は03-3436-5514まで