外貌醜状

外貌醜状とは、頭部や顔面部、頸部のように、上肢や下肢以外で日常露出する部位に醜状痕が残る場合をいいます。

他人の傷跡を見て、それを醜いと感じるかどうかは見る人の主観によりますが、自賠責保険では、客観的な数値としての傷跡の大きさに従って後遺症の等級を判断します。自賠責制度における外貌醜状の等級認定においては、平成22年6月10日以降に発生した事故について、「外貌に著しい醜状を残すもの」は7級12号に、「外貌に相当程度の醜状を残すもの」は9級16号に、「外貌に醜状を残すもの」は12級14号に認定する旨定めています。なお、平成22年6月9日までに発生した事故についてはこれとは認定基準が異なります。)

7級12号の「著しい醜状を残すもの」とは、原則として、①頭部にあっては、手のひら大(指の部分は含まない。以下同じ)以上の瘢痕または頭蓋骨の手のひら大以上の欠損、②顔面部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕または10円銅貨大以上の組織陥没、③頸部にあっては、手のひら大以上の瘢痕をいいます。

9級16号の「相当程度の醜状」とは、原則として、顔面部の長さ5cm以上の線状痕で、人目につく程度以上のものをいいます。瘢痕などが眉毛や頭髪等に隠れる部分については、これを醜状とは取り扱わないものとしています。

12級14号の「醜状」とは、原則として、①頭部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕または頭蓋骨の鶏卵大面以上の欠損、②顔面部にあっては、10円銅貨大以上の瘢痕または長さ3cm以上の線状痕、③頸部にあっては、鶏卵大面以上の瘢痕をいいます。

また、外貌醜状に対する逸失利益については、外貌醜状の場合、肉体的に労働能力が損なわれたとは考えにくいため、そもそも逸失利益が認められるのかが問題となりますが、現在の裁判実務においては、事案に応じて、正面から認めるか慰謝料に含めて考慮するといった対応がとられています。

当事務所では、弁護士が毎日のように交通事故問題の相談に向き合っております。交通事故の損害賠償等でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料法律相談のご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は03-3436-5514まで