脾臓障害

脾臓障害とは脾臓を失った後遺障害です。

自賠責制度における等級認定においては、平成18年4月1日以降に発生した事故について、脾臓を失った場合、13級11号の「胸腹部臓器の機能に障害を残すもの」に含まれることになっています。

脾臓を喪失してもその機能は他の臓器で代替できるので人体には影響がないとも言われており、加害者側からはそのような主張がされることが少なくありません。しかし、他方で感染防御機能力が低下することなどから、被害者側としてはそれらの点をうまく主張・立証していくことが必要となります。

当事務所では、弁護士が毎日のように交通事故問題の相談に向き合っております。交通事故の損害賠償等でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料法律相談のご予約は24時間受付

ご予約専用フリーダイヤル:0120-778-123

フリーダイヤルが繋がらない場合は03-3436-5514まで